仮想通貨に関する所得の計算方法等について

国税庁より、ビットコインなど仮想通貨に関する所得の計算方法を具体例で説明する
「Q&A」を同庁のホームページで公表しました。
取引で生じる利益は原則として「雑所得」にあたり所得税の課税対象になるとの見解
を既にまとめていますが、市場規模の急拡大や価格高騰を踏まえ、税務上の扱いを
明確化することで適正な申告を促すことが目的と考えられます。

仮想通貨で得た所得(取得時と売却時の差益)は雑所得となります。
一方、損失が出た場合には、給与所得など他の所得とは損益通算(相殺)できない旨
も明記されました。

詳細はこちらをご参照ください。

関連記事

  1. 2014年12月号 月刊「ゴルフ場セミナー(※年間定期購読のみ)」連載…

  2. IT導入補助金の募集開始

  3. 価格交渉術を専門家に相談できる

  4. 「持続化給付金」の申請要領等(速報版)が公表されました(20/4/27…

  5. 日本政策金融公庫は売上減少基準日など柔軟に対応してくれます

  6. 2017年度版中小企業白書・小規模企業白書が発表!