事業承継税制が大きく変わります

平成30年度税制改正において、事業承継時の贈与税・相続税の納税を猶予する
事業承継税制が大きく改正され、10年間限定の特例措置が設けられました。

現在の会社を後継者に譲る際に、自社株価が高額となり贈与税や相続税が発生し、
事業承継が円滑に進まない課題がありましたが、本制度を利用することで実質負担0
にすることができるようになりました。
なお、申請書類等の提出先は申請企業の主たる事務所が所在している都道府県庁になります。

概要はこちらをご参照ください。

詳細はこちらをクリック!

関連記事

  1. 令和2年 税制改正のポイント(速報版)

  2. 平成26年度補正 ものづくり・商業・サービス革新補助金2次公募の採択結…

  3. 【業務改善助成金のお知らせ】

  4. 2015年12月号 月刊「企業診断」連載に寄稿しました

  5. 東京都テレワーク助成金 250万円まで(100%受給)

  6. 新規取得設備の固定資産税が最大3年間ゼロに