新型コロナウイルス感染症に係る中小企業者対策(経済産業省)が更新されました

セーフティネット保証5号について、新型コロナウイルス感染症により特に重大な影響が生じている宿泊業や飲食業など40業種を緊急的に追加指定します。

※売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の80%を保証する制度です(別紙1参照)。

また、今回の新型コロナウイルス感染症による影響の重大性に鑑み、認定に当たっての基準について、新型コロナウイルス感染症の影響が顕在化している2月以降で、直近3ヶ月の売上高が算出可能となるまでの間は、直近1ヶ月の売上高等とその後の2ヶ月間の売上高等見込みを含む3ヶ月間の売上高等の減少でも可能とする時限的な運用緩和を行います。

詳細はこちらをご確認ください。 https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200303002/20200303002.html

関連記事

  1. 税務・会計トピックスを更新しました。

  2. 当事務所が、中小企業庁ミラサポの専門家に登録されました

  3. 2015年12月 ゴルフ場セミナー連載に寄稿しました

  4. 創業補助金の公募が開始されます!

  5. 将来を切り開くための設備投資

  6. 確定申告書へのマイナンバー記載および本人確認について