条件変更改善型借換保証が創設されました

条件変更改善型借換保証制度が創設され、本日より運用が開始されます。

これは、経営者に事業改善の意欲があるにもかかわらず、返済条件の緩和の実施により前向きな金融支援を受けることが困難な中小企業・小規模事業者を対象に、既往の保証付き融資を新たな保証付き融資に借り換え、更に真水(ニューマネー)を追加することを可能とします。 これにより、対象事業者の資金繰りを支援する、とされています。

もちろん、条件変更のための経営計画を策定し、進捗状況の報告が必要になるなどの要件はあります。

詳細はこちらをクリック。

経済産業省のニュースリリースはこちら

しかし、複数の債務を一本化し、返済ペースを見直すことで月々の返済額の負担を減らし、資金繰りを安定させるためには有効な制度といえそうですね。

GLORIA総合会計事務所では、こうした資金調達支援も積極的に行っております。
是非お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 持続化給付金に関するお知らせ(2020/4/13現在)

  2. 【顧問先様限定】平成29年度税制改正大綱勉強会の開催

  3. 平成28年度補正予算が成立!

  4. 日本政策金融公庫 コロナ特別貸付(実質無利子)が年末まで延長

  5. 消費税転嫁対策窓口相談等事業の講師として登壇しました

  6. 【ものづくり補助金2次公募受付開始!】