年末に向けた資金繰り支援の実施

中小企業庁では、年末にかけて資金需要が増加する中小企業・小規模事業者に対して、
「平成28年度第2次補正予算」に基づいて拡充・創設した政策金融および信用保証によって
資金繰りを支援しています。

(ご利用いただける制度について)
1. 政府系金融機関による資金繰り支援
 (1) 「セーフティネット貸付等」の拡充(日本政策金融公庫、商工組合中央金庫)
 (2) 「中小企業経営強化法関連融資」の創設(日本政策金融公庫)
2. 信用保証協会による資金繰り支援(条件変更改善型借換保証の拡充)
 
上記1.および2.については、平成28年10月19日より運用を開始しています。 

詳細はこちらをご確認ください。

関連記事

  1. 価格交渉術を専門家に相談できる

  2. 東京都テレワーク助成金 250万円まで(100%受給)

  3. 新規取得設備の固定資産税が最大3年間ゼロに

  4. 新型コロナウィルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へが更新されました(…

  5. 新型コロナウィルス感染症を踏まえた金融機関の対応事例

  6. 2015年12月 ゴルフ場セミナー連載に寄稿しました