電子納税の活用

4月に入り、決算業務を行われている会社様も多いと思います。

決算後2か月以内に、納税が必要となりますが、
銀行へ行き、並んで、納税するのは結構手間だったりします。

そこでおススメなのが、「電子納税」制度
電子納税制度のは、次の2つがあります。

1.ダイレクト納付

2.インターネットバンキング等

◆ダイレクト納付とは?
これは、事前に税務署に届出をしておけば、
e-taxを利用して預貯金口座からの振替により、
即時または指定期日に納付することが可能です。
会社の口座があれば、利用可能です。
※ネットバンキング口座は不要

◆インターネットバンキング等
これも、ダイレクト納付と同様、
銀行などに行かなくても納税が可能です。

違いは、ペイジーを利用した納税方法です。
そのため、ネットバンキング口座が必要となります。

◆その他留意点

(1)利用時の手数料は、無料です。

(2)基本的な税目に対応(法人税、消費税、源泉所得税など)

(3)領収証明書は不発行。

(4)税理士が代理で納税を行うことも可能です。

(5)事前に利用届出の提出が必要

つまり、納税者の方は支払う旨の承認だけあれば、
あとは何もしなくてもいいのです。

便利な世の中にどんどんなっていきますね。
こうした制度は上手に使っていきたいものです。

関連記事

  1. 東京開業ワンストップセンターの開設

  2. 平成27年税制改正~所得税及び相続税・贈与税~

  3. 2016年 新年あけましておめでとうございます

  4. 【ものづくり補助金2次公募受付開始!】

  5. 国外転出者は確定申告が必要に

  6. 【小規模事業者持続化補助金 追加募集開始!】

認定パートナー

クラウド会計ソフトfreeeフリー

クラウド会計ソフトなら「マネーフォワード クラウドシリーズ」