平成27年税制改正~所得税及び相続税・贈与税~

前回の平成27年度税制改正 法人税関係に続いて
所得税及び相続税・贈与税について簡単にまとめました。

1.ジュニアNISAの創設
これまで、成人向けNISAの取り扱い
はありましたが、なんと0歳からのジュニア
NISAが創設されました。

もちろん、親権者等が代理して運用します。

H27年度税制改正-1 H27年度税制改正-2
2.年間NISA投資上限額の引き上げ
これまで、年間100万円の投資上限額
だったg、年間120万円まで引き上げる
ことになる。

さらに、マイナンバーを使うことで
より手続等が簡素化する見込み。

H27年度税制改正-2

3.教育資金一括贈与非課税制度の利便性向上
平成27年12月末までの期間を、
平成31年3月末まで延長されます。

さらに、通勤定期代や留学渡航費なども
範囲に含まれるため、活用の幅が広がります。

H27年度税制改正-3
4.事業承継税制の拡充
これまで、2代目から3代目へ株式を贈与した場合、
猶予されていた贈与税の納税義務が2代目に生じていました。

しかし、改正後は、1代目が存命中に、
3代目が納税猶予制度を活用して再贈与をうけることで
猶予されていた贈与税の納税義務が免除されます。

H27年度税制改正-4
(参考:経済産業省、国税庁、中小企業庁などの資料をもとに作成)

関連記事

  1. マイナンバー制度とは?

  2. 人材育成・確保の施策

  3. 2016年 新年あけましておめでとうございます

  4. 電子納税の活用

  5. 創立記念式典の取り扱い

  6. 【決算対策】決算賞与の取り扱い