日本ワインの表示ルールがスタート

これまでは、輸入した濃縮ぶどう果汁などを原料としたワインも「国産ワイン」
と呼ばれており、消費者に分かりにくい状況となっていましたが、10月30日から、
国産ぶどうのみを原料として国内で製造したワインを「日本ワイン」として
表示するルールが始まり、これにより、ラベルの表示から日本ワインであることが
分かるようになりました。
詳しい内容については、国税庁ホームページを御覧ください。

○果実酒等の製法品質表示基準(ワインのラベル表示ルール)について
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/campaign/h30/Nov/04.htm

関連記事

  1. 軽減税率対策補助金の補助対象が拡大

  2. 平成28年度税制改正大綱の発表

  3. 全国で創業スクールが開講

  4. 平成28年度補正予算「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」…

  5. 創業10年未満の中小企業・小規模事業者の受注機会を増やします

  6. 最低賃金引き上げに向けた生産性向上等の支援策